住宅のケース別お悩み 解決法教えます!

scroll

Case1.
住宅の購入

こんなお悩みありませんか?

  • 自己資金はいくら用意すればいいのか
  • 給料やボーナスの額面が下がったら返済が大変
  • 住宅ローンの返済金額が思ったより高い
  • 変動金利だと、金利が上がった時が怖い
  • 住宅ローンはどこで組めばいいのか
  • 返済計画通り返済していけるかどうか不安

毎月の返済額が家計の負担になって
余裕がない生活を送ることになる
可能性はありませんか?

Case1.解決策

家計に見合った「返済額」をシミュレーションしましょう!

住宅資金は、教育資金・老後資金と並ぶ人生の3大資金の一つです。住宅ローンは長い付き合いになる為、
借りる際に、金利のことも含めて詳細をつめて返済計画を立てる必要があります。将来の家計を見据えた
住宅ローンやその他のお金については、ファイナンシャルプランナーに相談しましょう!

Webで相談

Case2.
住宅購入の頭金

頭金っていくらくらいが目安?

  • ①頭金は物件価格の2割

    一般的には物件価格の2割を準備できると理想的だといわれていますが、
    ひとつの目安に過ぎません。また、物件価格とは別に、諸経費がかかります。
    それらの総額の目安は購入価格の1割といわれています。
    メリットとしては、「適用金利を下げる、返済期間を短くする、総支払額を
    下げる」などが挙げられます。

    頭金を多く入れることで借入の額を減らすことができます。

    「①頭金は物件価格の2割」イメージ画像
  • ②頭金ゼロのメリットとデメリット

    メリットは頭金を用意する期間がなくて済む、家賃の代わりに住宅ローンを
    払いながら貯蓄を増やしていけること。デメリットは、「返済額・期間が増える」
    「金利上昇時の経済的負担が大きくなる」「住宅の売却でローンを完済できない
    可能性が高まる」などが挙げられます。

    融資を受けやすく低金利になったことにより、
    頭金ゼロでマイホームを購入する人が増えています。

    「②頭金ゼロのメリットとデメリット」イメージ画像

頭金をどのくらい入れるべきか
検討する基準は何にしていますか?

Case2.解決策

個人の資産やライフプランによってバランスよく決めることが大切です!

頭金を多く入れることで借入の額を減らすことができるので、頭金を用意することを考えている人も多くいます。
しかし、頭金を入れることで手元の資金が減ることになります。手元資金というのは、緊急的な支出に対応でき
るほか、資産運用の大事な原資となりますので、今後の教育資金や老後費用などを視野に入れ考えましょう。

Webで相談

Case3.
繰り上げ返済

繰り上げ返済はもったいない!?

  • ①住宅ローンは最も低金利な融資

    現在の日本は、これまでにないほどの低金利です。特に住宅ローンは
    これまでにないほどの低い金利で借りることができます。
    繰り上げ返済を積極的にしてしまうと、手元資金が少なくなり、
    資産運用に回せる原資が少なくなってしまいます。

    繰り上げ返済に回すのではなく、
    投資や貯蓄である程度貯める方が賢いといえます。

    「①住宅ローンは最も低金利な融資」イメージ画像
  • ②繰り上げ返済はすれば良いというものではない

    年1%以下の低金利で住宅ローンを組めている人ほど、手元資金を
    積極的に運用することを考えましょう。国内だけ見ても、年3%近い
    予定利率の保険商品もあります。もちろん、高い金利で借りている
    場合は、繰り上げ返済は有効といえるでしょう。

    繰り上げ返済を考えているのであれば、
    資産運用をすることを検討していいと思います。

    「②繰り上げ返済はすれば良いというものではない」イメージ画像

早くローンを返済したい為、
ボーナスなど余力のある時に
繰り上げ返済していませんか?

Case3.解決策

無理をして繰り上げ返済をせず手元資金を積極的に運用しましょう!

繰り上げ返済の判断材料は、金利のほか、家庭の会計の状況や家族構成によって変わります。手持ち資金がない
状態で、無理に返済すれば、急な出費などに対応できなくなりますし、逆にお金に余裕があっても繰り上げ返済
しないほうが良いケースもあるので、ファイナンシャルプランナーにシミュレーションをしてもらいましょう。

Webで相談

お金のことなら

私たちHokuriku資産運用LABOにご相談ください! 私たち Hokuriku資産運用LABO にご相談ください!

私たちが選ばれる3つの理由

  • 豊富な実績

    延べ約2,000世帯、法人200社に対し、資産や税金、相続などお金に関するコンサルティングを行っています。

  • 地域密着型

    富山・石川・福井のお客様を中心に、
    お金に関するセミナーや家族で楽しめるイベントを開催しています。

  • 相談無料

    ご相談は無料です。お金や保険に関することなど、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

お客様の声

  • 31歳 / 女性

    頭金は入れずにフルローンで購入、手持ちの貯金は資産運用の原資に使用

    子供が幼稚園に上がるにあたって住宅購入の検討をしていました。夫婦共働きですが、子供が生まれてからは家を買うためにせっせと頭金を貯金していました。どのくらいの金額を頭金に回せばいいのか、悩んでいたところプロの意見が聞いてみたいと思い、相談しようと考えました。
    頭金を入れる意味や理由から丁寧に教えていただき、自分が何も考えずに「家を買う=頭金が必要」と思い込んでいたことに気が付きました。住宅は人生で一番高価な買い物であるからこそ家だけではなく、私たち夫婦の将来の貯蓄や学費の用意などと合わせて計画を立て、頭金についても考える必要があると教えていただきました。頭金は多く入れたほうがいいと思っていたのに、そのメリットやデメリットも丁寧にお話しいただき、「そんな考え方もあるんだ!」と目からうろこでした。
    結果的に、頭金は入れずにフルローンで購入することにして、手持ちの貯金はゆっくりと今後の資産運用の原資にしようと思い、現在は資産運用について勉強中です。新しい知識を得られたことも嬉しかったです。

  • 41歳 / 女性

    ローンの繰り上げ返済を続けるよりも手持ち資金の大切さに気が付きました。!

    住宅ローンで家を購入してから11年経つのですが、「借金は早く返した方がいい」と思い、貯蓄を多くするよりも、繰り上げ返済を一生懸命していました。その結果、あまり貯金ができずに今後の子供たちの教育資金について心配するようになりました。上の子が来年で中学校に入学するので、そろそろ本気で考えなければと思って、ファイナンシャルプランナーの方に相談させていただきました。何か貯蓄などの提案をされるのかと思ったのですが、まずどんな教育プランや私たち夫婦の老後などの人生設計を丁寧に聞いていただきました。その上で、ライフプラン計画を一緒に作ってくれて、その上で資金計画を立ててくれました。その結果、ローンの繰り上げ返済を続けるよりも手持ち資金の大切さに気が付きました。現在の住宅ローンは、年1%以下で借りられているので、繰り上げ返済するよりも年1%以上の利率で貯蓄していった方がお得だということに気が付きました。税金のメリットなどもあるiDeCo(イデコ)という制度を教えていただき、繰り上げ返済をするよりもiDeCoで積み立てをしていくことにしました。知らないって本当に損だな、と改めて思いました。今では、もっと早く相談できてたらよかったと思っています。

ご相談の流れ

  • Step1 相談のお申し込み

    LINE、フォームまたはお電話にて、ご来店希望の日時をご予約ください。

  • Step2 相談内容のヒアリング

    どのようなお悩みをお持ちなのか、できるだけ詳しく、具体的にお聞きします。

  • Step3 解決方法のご提案

    ヒアリングの内容をもとに、一人ひとりに合わせた現状の改善策をご提案します。

  • Step4 お手続きのサポート

    必要なお手続きを、完了するまで一括でサポートいたします。

  • Step5 アフターフォロー

    定期的に見直し、お客様個々の人生設計に適するようにアドバイス致します。

よくある質問

  • A.

    サイトの運営については、提携するファイナンシャルプランナーから費用をいただいて運営しており、ファイナンシャルプランナーは提携する不動産会社や保険会社、金融機関等から手数料を受け取っていますので、お客様から初回に相談費用をいただくことは一切ありません。相談無料だと商品を押し売りされるのではと不安に思うお客様もおりますが、当サイトは上記のようなしっかりとした運営体制をとっているため、安心して相談に乗っていただけます。
    また、お客様に中立な提案ができるように、複数の会社と提携しているファイナンシャルプランナーしか提携していないため、安心してご相談いただけます。

  • A.

    相談したからと言って、必ずしもご契約していただく必要はありません。
    お客様の状況は様々ですので、対策不要なお客様もいらっしゃるため、そのような方には不要な提案はしていません。「将来が不安、、、」「このまま銀行に貯金してるだけでいいのかな、、、」などの漠然とした相談でも大歓迎ですので、まずはお気軽にご相談ください。

  • A.

    もちろん大歓迎です。実際に、そのようなお客様も多くいらっしゃいます。
    ファイナンシャルプランナーは、お金や経済についての基礎知識をいちから丁寧に説明します。お客様の知識に合わせて、知識のない方でもわかりやすくお話しいたします。

  • A.

    相談時間は、お客様の状況に応じて様々ですが、一度の面談時間は1~2時間程度が多いと思います。お時間などは、お客様のご希望に合わせてお話しすることも可能です。
    また、あまり時間をかけたくないというお客様は、事前に相談したい内容に関する資料や資産状況のわかる資料などをお持ちいただけるとスムーズに相談ができます。

  • A.

    実際に相談にのるのは、金融のプロの人です。資産運用や住宅、保険など幅広い知識を持ったプロが対応いたします。また、国内だけではなく、海外の金融経済知識の豊富なファイナンシャルプランナーがそろっています。

  • A.

    もちろんLINEなどだけでの相談は受け付けておりません。
    よりお客様の状況に応じたアドバイスができるように、お客様のご要望や状況などを踏まえてしっかりとお話しを聞く必要があるからです。ご相談にあたっての簡単な問い合わせなどは、お気軽にご相談してください。(場所や時間、持参物の確認など)