Hokuriku資産運用LABO > コラム >  お金の勉強ができるおすすめゲーム!子どもと楽しく学べる!
  • 子育て・教育

お金の勉強ができるおすすめゲーム!子どもと楽しく学べる!

  • お金
  • 勉強
  • 子ども
「お金の勉強ができるおすすめゲーム!子どもと楽しく学べる!」イメージ画像

資産形成の方法は様々です。積立、保険、株式投資などあまりに豊富な種類に混乱した経験がある方もいるかもしれません。
「もっと早いうちからお金について勉強しておけば良かった!」と後悔している人もいると思います。
大人でもなかなか難しいお金のことを、子どもにわかりやすく伝えるのは至難の業。
しかしお金の大切さはしっかり学ばせたい気持ちもあって、どのようにして勉強するか悩む方も多いようです。

そんなご家庭にオススメの方法が、ゲームを活用することです。
ゲームで楽しく遊びながら、親子でお金の知識を身につけられます。本やセミナーよりも実践しやすく、楽しく続けられる点でも大きなメリットがあります。
また、本を買い与えるだけでは得られない家族との時間も取れますから、家族関係をより良くする方法でもあります。
そこで、この記事ではお金について楽しく学べるゲームをご紹介していきます。
また、日常生活の中でゲーム感覚で金銭感覚を鍛える勉強法についても合わせてご紹介します。親子で一緒に楽しく学んでいきましょう。

セミナー&イベント情報バナー

お金の勉強にゲームを活用するメリット

お金の勉強にゲームを活用する大きなメリットは、実践しながら成功と失敗を繰り返せることです。
『人生ゲーム』や『モノポリー』では何度もお金を計算します。そしてお金を得る経験や支払える経験だけでなく、失う経験や買えずに借金を抱える経験をします。実社会では恐ろしいことも、ゲームならノーリスクで経験できます。
「お金を正しく使うとどうなるか?」「使いすぎるとどうなるか?」などを言葉だけで教えようとするよりも身に染みて実感できます。

ゲームであらかじめ失敗しておけば、いざ現実社会でお金を使うときにも資産状況や収支を確認しながら慎重に使えるようになります。
細かい知識の部分はその後でも構いません。ゲームによってよりお金に興味を持ったら本を買い与えたり、家計管理の場に呼んだりしてお金に触れる機会を少しずつ増やしていきましょう。

お金の勉強ができるゲーム・ボードゲーム

モノポリー

親子で楽しみながら金銭感覚を身につけられるゲームの代表が、『モノポリー』です。ゲームの歴史としては100年以上に及ぶ大ヒットボードゲームで、今でも世界中で楽しまれています。
スゴロクの要領で盤上を周回して止まった土地を購入し、一番のお金持ちになるかを競っていきます。
最終的には他のプレイヤーをすべて破産させられたら勝利です。現実的なシビアな面もありますが、投資の重要性や交渉力なども学ぶことができるゲームです。
なお、モノポリーには様々なアレンジ版も発売されており、『スターウォーズシリーズ』『スーパーマリオシリーズ』『ONE PIECEシリーズ』『フォートナイトシリーズ』などがあります。
子どもにとって馴染みのあるシリーズで遊べばより長く楽しめるかもしれません。

キャッシュフローゲーム

モノポリーよりも深く具体的な知識を身につけたいなら『キャッシュフローゲーム』がオススメ。
モノポリーと同じようにスゴロクの要領でマスを周回して取引や投資を行っていきます。
不労所得が総支出を上回り、労働して給料を得る「ラットレース」から脱出することが大きな目標です。
財務諸表を作成する必要があるのでモノポリーより難易度は高め。お値段もボードゲームにしては少々値が張るのでモノポリーで慣れてきたら始めるのも良いかもしれません。

桃太郎電鉄

テレビゲームでもお金の勉強になるものがあります。まずは『桃太郎電鉄』です。
スゴロクの要領で土地を購入し資産を増やし、最終的に総資産が一番多いプレイヤーが勝ちです。
大人にも人気のゲームシリーズです。全国が舞台のスゴロクなので地理や特産品にも詳しくなります。
もちろんテレビゲームならではのエンターテイメント性も豊富なので終始楽しみながら学べます。

いただきストリート

『いただきストリート』も人気です。こちらは株式投資や物件投資が登場します。
モノポリーのルールを踏襲した部分とゲーム性を合わせているので気軽に楽しみやすいのが魅力です。

ゲーム以外にも!楽しくお金の勉強ができる方法

「テレビゲームはちょっと・・・。」という場合でも、日常生活で楽しくお金の勉強ができる機会があります。
たとえば親子で一緒にスーパーマーケットに行き、お小遣いを渡して予算内で好きなおやつを買うように促してみましょう。
周りのお客さんに迷惑がかからないよう小さなお店を選んだり、比較的空いているタイミングを狙ったりしておつかいをさせてみましょう。
実際のお買い物はまだ怖いのであればお買い物ごっこから始めてみましょう。

お小遣いを導入するのもお金の勉強の1つです。
金額や渡し方に正解はありませんが、自制心を学ばせたいのであれば定額制がオススメです。
お小遣い導入に合わせてお小遣い帳をつけさせるとさらに有効です。
いくら貯まったか、何にいくら使ったかなどを記録させることで、お金の使い道を真剣に考えられるようになります。

こちらの記事もチェック!
子供のための貯金はいつから?いくら必要?どうやって貯める?
みんないくら貯金してる?今どき子育て世代の貯蓄額と教育資金の貯め方

まとめ

お金の勉強については、子どもの成長や興味に合わせてステップを踏んでいきましょう。
子どもにしっかり教えるにはある程度大人も勉強していくことが大切です。
「親の背を見て子は育つ」ものですから、親がお金を大切に使う姿勢も良い教育になります。

なお、より深く本格的に勉強したい場合はセミナーや勉強会に参加してみましょう。
大人向けの講座だけでなく、親子で楽しめるマネーセミナーなども開催されています。
パパママからは伝えにくいお金の大切さを講師が楽しく教えてくれます。
子どもが大人になって苦労しないためにも、これを機に一緒に学んでみてはいかがでしょうか?

 

資産運用LABOではお金の貯め方や資産運用など、お金に関するセミナーやイベントを定期的に行っています。
オンライン可能なので、お気軽に参加してみてください♪
もっと深く勉強していくことで新しい気づきが得られるはずです。

セミナー&イベント情報バナー

この記事の監修者

「」イメージ画像

村松 寛太

1987年、富山県富山市生まれ。
大学進学と共に上京し、就職と共に地元北陸に戻る。
両親の死をキッカケに自身の人生を考え、会社員時代に7つの収入源を獲得する。 27歳で独立後、個人事業主として自律した社会人を増やすべく活動。
32歳でTRUST company株式会社を設立。

関連する記事

READ MORE