Hokuriku資産運用LABO > コラム >  共働きの家計事情「コツコツしっかり」貯める秘訣
  • 家計
  • 貯蓄

共働きの家計事情「コツコツしっかり」貯める秘訣

  • 共働き
  • 家計事情
  • 貯蓄
「共働きの家計事情「コツコツしっかり」貯める秘訣」イメージ画像

共働きカップル・夫婦でも家計管理に苦労する人は多いです。
お互いに働いているからといってすぐに貯められるわけではありません。
「収入はそれなりにあるはずなのにお金が貯まらない」「貯金したいけどなかなか続かない」といった悩みを抱えたカップルも多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では共働きカップルでもお金が貯まらない3つの理由と解決策をお伝えしていきます。
お金についてコミュニケーションが取れていないカップルや夫婦も少なくありません。
これを機にお互いに将来について話し合う機会を増やしていきましょう。

セミナー&イベント情報バナー

共働きなのにお金が貯まらない3つの理由

共働きカップルがお金を貯められない理由は大きく分けて3つあります。
あえて3つに分けていますが、共通するのは「お金に関して不透明な点が多い」ということにあります。
毎月いくら入ってきて、いくら出ていくのか?
本来ならどれくらい貯められるのか?定まっていない場合が多いのです。
詳しく見ていきましょう。

理由1:お互いの収入を把握していないから

共働きの貯金が貯まらない大きな理由の1つが、「お互いの収入を知らないこと」です。
お互いの収入を知らないカップルは少なくないようです。
楽しく付き合っているときには深く気にならなかったとしても、いざ結婚や今度の生活のことを考えるとお互いの収支はクリアにしておきたいものです。

夫婦で支出を分担しているケースは非常に多いのですが、これだと自分の負担には目が行っても相手の負担には無関心になりがちで、「協力して家計管理する」意識が希薄しがちです。
反対に相手のお金には厳しいが自分にはとことん甘いケースも考えられます。
中には、お互いに「相手が貯金してくれているだろう。」と責任を擦り付けあって貯まらないケースもあります。
隠れて借金を作っていれば大問題に発展します。

しっかりと確実にお金を貯めていきたいのであれば、お互いのお金事情を明らかにし、協力していく姿勢が大切です。

理由2:ライフプランや目標貯金額が決まっていないから

「もしもの時のために」という理由が漠然としていて貯めるべき金額を把握していないケースが多いようです。
なんとなく「1000万円」などと決めてしまって、なぜ自分たちに1000万円が必要なのかイメージできていないのです。

将来どのような人生を送りたいのか?
そのためにはいくら必要なのか?
毎月いくら貯蓄すべきか?
具体的な数字に落とし込めているでしょうか?

たとえば「子どもが2人欲しい」と計画した場合、子どもの教育費や家族4人に増えた場合の食費や生活費、旅行費用などかかる費用がある程度想定できるはずです。
こうした2人で叶えたい夢や目標から逆算して考えないと、いざその時になってお金が足りない事態に陥る恐れもあり、人生の選択肢を狭めてしまう可能性があります。

理由3:無計画な支出が多いから

「給料日だからパーッと使おう!」「タイムセールだから買わなきゃ!」
と勢いだけでお金を使っている傾向はありませんか?

給料日でもいつもと同じように使えば給料日前で苦労することもないですし、タイムセールでも必要でなければ買わない方が支出額は少ないです。
これは理由1・2にも関連する理由で、「貯金すべきお金」と「使っていいお金」を把握できていないことも原因になります。

しっかり貯金できていて、その上で使って良いお金があるのであれば自分や相手にご褒美することは大切です。
しかし、それで長く苦労されているのであれば使い方を見直す必要があります。

財布は一緒にするか?別々にするか?

共働き家庭の家計管理で悩むのは財布を共有するか、分担するかです。
これはどちらも一長一短あるので2人が実践しやすい方法を選ぶ方が良いでしょう。

共有する場合でもいくつかパターンがあります。
共用の銀行口座を持って2人の全収入を入金するパターン、生活に使う分だけ共有口座に入金してやりくりするパターン、片方の収入だけで生活してもう片方の収入を貯金に回すパターンなどです。
分担で管理する場合でも分担方法は工夫できます。

共有でも分担でも、しっかり貯金できるとは限りません。
どちらを採用するにしてもお互いに将来について話し合って、続けていける方法を実践することが大切です。

共働き家計で貯金をするコツ

「このままではマズイ!」と危機感を持っているのでしたら大丈夫です。
これから貯める習慣に変えていきましょう。
いきなり完璧な家計管理を目指そうとせず、できることからチャレンジしましょう。
まずすべきことは2つです。

解決策1:「目的のある目標貯蓄額」を決めること

目標がないのはダメですが、貯める目的もないとモチベーションが維持されません。
「30万円貯めて海外旅行に行く!」などでも良いので、まずは「目的に向けてお金を貯める習慣」を身につけていきましょう。
実際に貯めて海外旅行に行ければそれが成功体験になり自信に繋がりますから、マイホームや教育費などのもっと大きな費用も貯蓄しやすくなるはずです。

また、目標貯蓄額は実行可能な金額を設定することが大切です。
生活を圧迫するような貯蓄額を設定してしまうと続きません。
お互いの収支を把握して、いくらまでなら無理なく貯蓄できるか確認しましょう。
「目的以外には使わない!」と決めて、余裕が出てきたら貯蓄額を増やせば良いです。
実行できることが何より大事なので、実現可能な目標貯蓄額を設定しましょう。

解決策2:支出を把握し、見直すこと

分担制でも共有制でも、毎月の支出を把握することが大切です。
無駄な固定費や生活費が出ていないか確認し、改善できるところはお互いに話し合って改善していきましょう。
家計簿やアプリを活用して支出をチェックする方法も有効です。

また、水道光熱費やスマホ料金、保険料などの固定費も見直しましょう。
固定費については一度手続きをしてしまえばずっと費用を抑えられるようになります。
必要のないサービスは解約するなどして毎月の費用を減らしていきましょう。

場合によってはファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して、2人のお金管理について客観的にチェックする必要があるかもしれません。
「どうしたら良いかわからない!」とお悩みの方は相談されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

共働きでしっかり貯蓄していくためには、お互いにコミュニケーションを取ってお金の問題や解決策をクリアにしていくことが大切です

話しづらいテーマかもしれませんが、将来をより良く生きるためには必要な話です。
曖昧にせず現状を共有し、改善策を立てて実行していきましょう。
2人がそれぞれ自覚を持って取り組むためにも、具体的にやるべきことがわかるまで話を詰めていきましょう。

うまく話が進められない・どう進めればいいかわからない方はファイナンシャルプランナーなどのお金管理に詳しい専門家に相談してみてください。

今、2人ができる最善を実践していきましょう。

セミナー・イベントのお知らせ

最後に、資産運用LABOではお金のため方や資産運用など、お金に関するセミナーやイベントを定期的に行っています。
オンライン可能なので、お気軽に参加してみてください♪
もっと深く勉強していくことで新しい気づきが得られるはずです。
また、堅苦しく勉強するだけでなく地域の皆様と触れ合えるような楽しいイベントもたくさん実施しています。
ぜひご家族で遊びにいらしてください!

↓こちらからセミナーやイベントの一覧が見れます!

セミナー&イベント情報バナー

この記事の監修者

「」イメージ画像

村松 寛太

1987年、富山県富山市生まれ。
大学進学と共に上京し、就職と共に地元北陸に戻る。
両親の死をキッカケに自身の人生を考え、会社員時代に7つの収入源を獲得する。 27歳で独立後、個人事業主として自律した社会人を増やすべく活動。
32歳でTRUST company株式会社を設立。

関連する記事

READ MORE