Hokuriku資産運用LABO > コラム >  キャッシュレス決済にデメリットはあるの?本当に得になる?
  • 家計

キャッシュレス決済にデメリットはあるの?本当に得になる?

  • キャッシュレス
  • デメリット
「キャッシュレス決済にデメリットはあるの?本当に得になる?」イメージ画像

少しずつ身近になってきたキャッシュレス決済
現金不要でとても便利ですが、使い方を間違えるとかえって損をしてしまうことがあります。
この記事ではあなたがそんな落とし穴にハマってしまっていないか確かめていこうと思います。
そしてキャッシュレス決済を賢く使って得する方法も合わせてご紹介していきます。
キャッシュレス決済をまだ使ったことがない方も、ある程度使っている方もぜひ参考にしてみてください。

セミナー&イベント情報バナー

キャッシュレス決済の意外な落とし穴

キャッシュレス決済は非常に便利ですが、万能ではありません。
目先の手軽さやポイントに目がくらんでしまうと思わぬ失敗をする恐れがあります。
特に注意していただきたいポイントが4つあるので、それぞれ解説していきます。

1.使いすぎてしまう

2.リボ払いに注意

3.不正利用に注意

4.災害時や端末の故障時に利用できない可能性がある

1.使いすぎてしまう

キャッシュレス決済で最も注意すべきは「使いすぎ」です。
便利ですぐに使えるキャッシュレス決済ですが、カードやスマホアプリなどで決済することで支出を実感しにくくなります。
クレジットカードが登場した時も仕組みがわからず使いすぎてしまい借金を抱えてしまうケースがありました。
スマホ決済でも同様に支払っている感覚が希薄になりやすいです。便利さやポイントに踊らされて使いすぎないようにしましょう。
「そもそも買う必要はあるのか?」「現金だったら買うのか?」と決済する前に冷静に考えてみて、無駄な支出を抑えましょう。

2.リボ払いに注意

リボ払いは毎月の支払金額を一定にできるので使い勝手は良いのですが、手数料率が高く、トータルでは1回払いや分割払いよりも負担が大きくなります。
心理的なハードルが低いのでついつい使ってしまいたくなりますが、できるだけ1回払いで決済しましょう。

3.不正利用に注意

スマートフォンやクレジットカードが盗まれてしまい、不正利用される恐れがあります。
またIDパスワードや暗証番号を第三者に教えてしまい、銀行口座からお金を引き出されてしまうケースもあります。
パスワードや暗証番号は推測されにくいものに設定し、定期的に変更しましょう。
スマートフォンは今やお財布以上に重要な個人情報を溜め込んでいますので、紛失や盗難に遭わないよう大切に管理してください。

また、偽のQRコードや偽サイトが増加しており、知らないままそのQRコードや偽サイトを利用してしまい個人情報を盗み取られてしまうフィッシング詐欺が増えています。
怪しいURLのサイトにはアクセスしないようにするなど、被害に遭わないための知識を身につけておきましょう。

4.端末の故障時や災害時に利用できない可能性がある

スマホ決済の場合、充電がなくなったり通信環境が悪かったりすると決済できなくなることがあります。
スマホアプリでサーバーダウンなどのトラブルがあれば利用できなくなります。
クレジットカード等でも破損があると決済できない場合があります。
また、災害時には停電や機器の故障等でスマホが使えず決済できなくなる恐れがあります。
電波の届かない山奥などでも利用できません。

緊急時用の現金を用意しておき、キャッシュレス決済が使えなくなった時の準備をしておきましょう。

キャッシュレス決済で得する人、損する人

キャッシュレス決済はATM手数料の節約になったり、ポイント還元を受けられたりお得な点がいくつかあります。
利用シーンに応じて使い分けることで賢い買い物ができます。

1.ポイント還元率を定期的にチェック

キャッシュレス決済のポイント還元率は変更されます。
スーパーやドラッグストアなどで「ポイント5倍の日」「ポイント10倍の日」とあるように、キャッシュレス決済もある月は1%、翌月は3%、翌々月は1.5%・・・と頻繁に変わります。
そのため1つのキャッシュレス決済だけを使い続けていると「思ったよりポイントが貯まっていない・・・。」という事態になります。

ポイントをより多く貯めたいのであれば、キャッシュレス決済は複数使えるようにしておき、「今日はどのキャッシュレス決済を使うと得になるのか?」を買い物前にチェックする習慣を作りましょう。
複数の決済手段を用意しておくと非常時にも対応しやすくなるのでおすすめです。

2.キャッシュレス決済の利用状況をこまめに確認

キャッシュレス決済の利用履歴を確認し、いくら使ったのか常にチェックしましょう。
キャッシュレス決済で損する人は利用履歴を見る習慣がなく、使っている金額や残高への意識が希薄になりがちです。
いくら使ったのか確認するだけでもある程度の抑止力になることもありますから、利用状況はこまめに把握しておきましょう。

また、利用履歴を定期的にチェックすることで、不正利用を早期に発見できるメリットがあります。
思い当たらない支払いにすぐ気付けるようになるので被害を最小限に抑えられます。
お子様がスマホ課金やキャッシュレス決済を使ってしまうケースも少なからずあるので、お子様の利用状況もしっかり見てあげるとトラブルを未然に防止できます。

3.情報収集に努めること

キャッシュレス決済で得をする人は、情報収集を怠りません。
先述したポイント還元率のチェックや賢い使い方、不正利用のリスク等の情報を得て対応しています。
損する人は知らないまま無謀な使い方をしてしまい、損になっていることすら気づけません。
また、よくあるのは、キャッシュレス決済のような新しいツールが出ても調べようとせず、「怪しい・・・。」と疑い毛嫌いをするケースです。
実際に自分が利用するかはさておき、どのようなしくみでどのようなメリット・デメリットがあるのかなど、ある程度の情報収集をした上で判断すべきです。

また、情報収集をしておくとトラブルを未然に防止できることもあります。
少し事例が異なりますが、「オレオレ詐欺」や「振り込め詐欺」は、メディアで手口や対策を周知することで防犯対策しています。
オレオレ詐欺や振り込め詐欺というものがあって、どのような手口で、どのような対策をしたら良いかを知るだけでも見抜きやすくなるからです。
キャッシュレス決済に関しても不正利用の事例や対策を知ることで有効な対策ができ、思わぬ損失を未然に防ぐことができます。
自分だけでなくご家族の安全を守ることにもつながるので、常に情報収集を行い有効な活用方法を理解していきましょう。

こちらの記事もチェック!
共働きの家計事情「コツコツしっかり」貯める秘訣
家族とお金の話できますか?家計を支える家族会議

キャッシュレス決済を正しく賢く使うには?

キャッシュレス決済を有効に活用するには、現金で決済する時と同様に、計画的に利用することが何より重要です。
ポイント還元率を気にした方が確かに有効ですが、買わない方がお金は手元に残ります。
毎日の支出を細かくチェックして、無駄使いしないようにしましょう。
キャッシュレス決済は家計簿アプリなどと連携できるものもあります。日頃の収支を「見える化」して、計画的に利用していきましょう。

キャッシュレス決済をうまく活用しながら将来のお金を確実に用意していきたい方は、ファイナンシャルプランナーに相談してみることもおすすめです。
日頃の生活費や固定費の見直しから資産形成のプランまで幅広く提案してもらえるので、一度客観的にチェックしてもらうだけでも収穫があると思います。
キャッシュレス決済はあくまで決済手段の1つです。過信せず慎重に扱うようにしてください。

 

資産運用LABOではお金の貯め方や資産運用など、お金に関するセミナーやイベントを定期的に行っています。
オンライン可能なので、お気軽に参加してみてください♪
もっと深く勉強していくことで新しい気づきが得られるはずです。

セミナー&イベント情報バナー

この記事の監修者

「」イメージ画像

髙山 文徳

富山県小矢部市出身。
大学卒業後は大学で保育士、幼稚園教諭、介護福祉士を取得。10年間介護現場に就職する。
経済とは無縁で生きてた20代だったが、様々な事業に携わる中で、経済とお金について学び人生観が変わった事をきっかけに、大好きだった介護現場を卒業。
2019年、LIFE!company株式会社代表取締役に就任。

関連する記事

READ MORE